これから利益を得るため経営を始める【Moneyマネジメント】

Business

留守宅を賃貸

転勤が多い仕事に勤めている人は、自分の家にいることが少ないということはよくあることです。そのような転勤などの留守宅を賃貸することを、リロケーションと言います。リロケーションは、移転や配置転換という意味があり、転勤している人の住宅を一定の間だけ賃貸する業務やサービスのことです。転勤している間、常に家が留守というのは不安があるものです。しかし、リロケーションをすることによって、日常の管理点検をすることができますし、賃料の徴収などもすることができます。もちろん明け渡しの保証をしてくれるので、安心して賃貸することができます。

リロケーションは、借りる側にも貸す側にもメリットがあります。借りる側としては、グレードが高い家に住めたり、賃料相場よりも安く住めたり、更新料が必要なかったりなどのメリットがあります。リロケーション物件は、分譲マンションや注文住宅になります。そのため、一般的な賃貸物件よりも構造面や設備面が優れているのです。また、普通賃貸借契約とは違って一定の間だけの賃貸なので、相場よりも賃料が安いのです。

貸す側のメリットは、家賃収入が得られることです。他人に自宅を賃貸することになるので、一定期間の間だけ家賃収入を得ることができます。その家賃収入は、住宅ローンの返済に充てることもできます。空き巣から守ることができるのもメリットの1つです。自宅を長期間留守にしていると、泥棒や空き巣などが入っていないか不安になります。しかし、リロケーションをしていると自宅で人が生活している状態になるので、空き巣や泥棒が自宅に入ってくる可能性も低くなるのです。また、入居者がいない間でも、管理会社が定期的に巡回をするので、防犯対策もしっかりしています。

↑ PAGE TOP